マーヴィン ゲイ let get it

マーヴィン ゲイ let get it

マーヴィン ゲイ let get it



「レッツ・ゲット・イット・オン」( Let's Get It On )は、マーヴィン・ゲイが1973年に発表した楽曲。全米1位を記録。ゲイの代表作の一つ。 ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2010年版)では168位にランクされている。

Let’s Get It On. Let’s Get It On (1973) : Track 1. マーヴィン・ゲイの1973年リリース『Let’s Get It On』から表題曲である” Let’s Get It On “は、かなり官能的で、性的にポジティブな感情を表現した一曲。

しかしながらマーヴィン・ゲイのサウンドは彼にしか出せないものだった。ポップスとR&Bの両方のヒット・チャートで1位を獲得した「Let’s Get It On」は、ポップ・チャートには2週間、そしてR&Bチャートにはなんと6週間もその座に居座り続けた。

 · 1973年9月8日、長いチャートの歴史の中でもひときわ官能的なレコードのひとつ、マーヴィン・ゲイの「Let's Get It On」が全米チャートの首位を獲得した。マーヴィン・ゲイはシングルを3枚連続で全米ポップ・チャートの首位に送り込むという快挙を成し遂げたが、これはそのうち2枚目にあた …

ヒップホップを経験した時代からみた、永遠に完成しないソウル&ファンクの大辞典を製作中。1960年代から1970年代が中心。スマホ対応なので、自宅やレコード店等、いろんな場所で活用してください。掲載するアーティスト・作品は全てオススメだけ!

 · マーヴィン・ゲイのファンたちは、アルバム発売の2か月前の7月にチャートインし、全米シングル・チャートで6週連続の2位を獲得したタイトル・トラック「Let’s Get It On」の五感に訴える素晴らしさゆえに、同名アルバムへの期待を大きくしていた。

<マーヴィン・ゲイ> 『Let's Get It On / レッツ・ゲット・イット・オン』 Written by Marvin Gaye and Ed Townsend in 1973 I've been really tryin', baby Tryin' to hold back this feelin' for so long And if you feel like I feel, baby Then come on, oh, come on Whoo, let's get it on Ah, babe, let's get it on

"Let's Get It On" (レッツ・ゲット・イット・オン) "Got to Give It Up" (黒い夜) "I Want You" (アイ・ウォント・ユー) 書籍 『マーヴィン・ゲイが聴こえる / Inner City Blues 』(著) 紺野 慧 Toshi Konno : ヤマハミュージックメディア

 · Let's Get It On: 2 1 39 1974 マーヴィン・ゲイ・ライヴ! Marvin Gaye Live! 8 1 — 1976 ア …

マーヴィン ゲイ let get it ⭐ LINK ✅ マーヴィン ゲイ let get it

Read more about マーヴィン ゲイ let get it.

7
8
9
10

Comments:
Guest
How come an educational system that put so much emphasis on penmanship produced so many doctors?
Guest

People with coughs don't go to the doctor-- They go to the concert.

Guest
The easiest way to find something you've lost is to buy a replacement.
Calendar
MoTuWeThFrStSu